乳癌をあきらめない|治療法はたくさんある

笑顔の男女

がんに負けない体作り

医者

免疫細胞治療とは、免疫を強化してがんを抑制させる働きを自ら持つという効果があります。血液の活性化を働きかけて免疫力を高めていく方法で、薬とは違って副作用がほとんどないのが特徴です。負担を抑えた治療法として、世界的な広がりを見せています。

Read More..

女性特有の症状への対処法

日本人女性が多く発症している乳癌の治療は、最先端治療を施す病院で。初期治療が肝心です。定期的な検診も忘れずに受けましょう。

ナース

乳癌は50代の女性を中心に増加してきている病気で、30代から40代にかけても発症が目立ちます。昔と比べて急激に増えてきているため、女性は特に注意しなければいけません。乳癌の治療も乳房をできるだけ残す温存術が増えてきているなど、患者の負担を減らした効果的なものへと進化しています。しかし、やはり早めに気づいて治療を受けるのが今後を考えると安心です。乳癌は初期症状がほとんどなく、違和感に気付いたときには癌が進行している可能性が高いです。そのためにも、日頃から状態を確認したり、検診を受けていく必要があります。乳癌が進行してしまうと治療も難しくなってしまう可能性があり、生存率にも関係してきます。治療をできるだけ楽に受けていくためにも、ある程度の年齢になったら乳癌を意識しなければいけません。

乳癌の治療法は、初期の場合であっても腫瘍を摘出するのが基本です。最近の傾向では腫瘍部分を切除するのみで、多くを切除する方法はできるだけ控えられています。術後は放射線治療を受けていく流れで、転移や再発を防ぐ効果が得られます。昔は乳癌になると乳房や胸筋が全体的に大きく切除されていましたが、他の治療も合わせて負担を軽くしていくようになりました。しかし、乳癌が進行してしまった場合は温存術を適用するのも難しくなります。その場合は乳房とリンパ節の切除となり、胸筋は残していきます。初期の場合であってもこの治療を選択する医師も多く、今後のことを優先させた治療法となります。今は乳房を乳癌で失ったとしても、乳房再建術が行われるようになったため、精神的な不安も軽減できます。

適した治療法を選択します

案内する女性

がん治療として、外科手術や、化学療法、放射線療法などが人気があります。最新の治療方法と比べると、費用が安いからです。現在は、いろいろな治療方法があります。がんの位置などを確認し、できるだけがん細胞のみを攻撃するような治療法を選ぶように気を付けます。

Read More..

健康な毎日をサポート

病棟

口コミ情報サイトなどで口コミが掲載されていない病院などもあるので参考にする場合は注意が必要になります。口コミサイトでは、地域を絞って探すことが出来て自分が通いやすい場所の病院を簡単に探すことが出来て便利です。

Read More..